*

プロフィール

はじめまして。山口幸男です。

「誰もが本当にやりたい事を見つけ、
自分を解放し、人生ののびしろを楽しむ世界」
を実現したいと俺は思っている。

そのために自分自身
「無駄な縛りを外し、可能性を最大化する生き方」
を実践している。

周りの人々にも、そんな生き方を実現して欲しいと思って、
いろいろ情報発信していくので、活用して貰えると嬉しい。

 

もともとは自分に「無駄な制約」をたくさん課していた。

俺は小さい頃から聞き分けがよく、
勉強も運動もそこそこできたので、
いわゆる優等生をしていた。

親の言うこと、先生の言うことをよく聞いて、
いわゆる「しっかり者」という感じにはなったが、
気付けば「周りの期待に応えなければ、自分には価値がない」
という恐ろしい制約を課してしまった。

自分に課していた「無駄な制約」
・実績を挙げなければ自分には価値はない
・とにかく失敗してはいけない
・良い夫、良い父親になるため、我慢しなければいけない
・会社員とは自分の意思を捨てることだ
その他、多数

もしかしたら、自分と同じように
無駄な制約に縛られていないだろうか??
もし、そうだとしたら、しんどいよね。

大学院卒業後、大手ハウスメーカーに就職し、
設計として働き始めたが、とにかく自分の意思を捨てていた。

会社や上司の言うことが絶対。反発すれば飛ばされる。
そんな会社だったので、管理職の人たちは皆、
上司の言うことを、何が何でも遂行することが使命
という感じに見えた。

彼らに自分の意思はあるのだろうか。
自分も将来的にはああなるのだろうか。

そんな風に考えながら、真面目に働き、
結婚もして、娘も生まれ、気付けば30歳だった。。。

 

転機

転機は突然言い渡された部署異動。
それまで建築の設計をやっていたので、
基本的にはずっと事務所で作業をしていた。

異動先は営業。
設計の知識を活かして土地を仕入れなさい
という命令を受け、外回りの日々が始まった。

外回りは意外にも楽しく、
新しい環境で成果をあげようと燃えていた。
そして、色々と勉強をするために
本を読んだり、勉強会に出たりするようになった。

社会人になってから、
その会社のことしか知らなかった。
正直、社内の雰囲気はよくないけれども、
どの会社もそんなもんだろうと思っていた。

しかし、外に目を向けてみると
全く違う世界があることを知ってしまった。

特に惹かれたのは起業家の世界。
自分の好きなことで、好きな人と
楽しくビジネスをしている人をみて衝撃を受けた。

仕事=サラリーマン=自分を殺して耐えること
だと思っていたので、信じられなかった。
そちらの世界に行きたいと思い、
自然と読む本は起業の分野に偏って行った。

モノクロだった日々が
徐々に色合いを取り戻していくような感覚だ。

 

試行錯誤の日々

色々なご縁で、起業塾をやっている師匠とも出会い、
一緒に学ぶ仲間もできた。
そこではビジネスの本質や事業を立ち上げるための
マインド、スキルを教えてもらった。

本当にこの頃は楽しくて、
仲間たちと一緒に切磋琢磨して、
みんなで成功を目指して頑張っていた。

この頃少し不思議な体験をしたのだが、
実は夫婦仲が劇的に良くなった。
それまでは子供の出産をきっかけに、
夫婦喧嘩をしょっちゅうしていた。

もうどうにもならないと諦めていたが、
(一回、本気で家出したこともある。)
起業塾で過去を振り返り自分の価値観を見つめ、
どんな人生を歩みたいのかと考えていると
家族にとても感謝ができるようになった。

そこからはピタッと喧嘩はなくなり、
また元の仲良し夫婦に戻ることができた。
きっかけとなった本があるので、
また改めてご紹介したい。

こうしてぼんやりと起業テーマは
「人生計画」とか「家族関係」とか考え出した頃、
ある生命保険会社からヘッドハンティングを受けた。

保険業界の悪い風習を正すために
立ち上がったその会社のビジョンに共感し、
挑戦することを決めた。

ハウスメーカーにいて時間を無駄に過ごすよりも、
生命保険の分野にチャレンジした方が、
自分の理想的な未来に近づくと考えた結果だった。

厳しい世界だとは聞いていたが、
正直、自信は結構あった。
様々な書籍から知識を蓄積していたし、
起業塾でビジネスの本質を理解したと思い込んでいた。

しかし、現実はそんなに甘くはなかった。
自分でも驚くほど、全く売れなかったのだ。

いくらこちらが正しいことを言っても、
相手が聞く耳を持たなければ伝わらない。
なんで伝わらないんだろう。

ほぼパニック状態。
今まで失敗しない人生を歩んできたので、
人生最大のピンチだと感じた。

一時は深呼吸ができなくなった。
ネットで調べるとストレスで起こる症状。
会社では完全に落ちこぼれ。

でも、妻にはそんなこと言えない。
家では順調なふりをして、外では必死にもがいて
なんとか状況を変えようと何でも手を出した。

外部の研修や勉強会を受けたり、
売れている先輩のトークを教えて貰って真似たり、
とにかくいろいろな情報をインプットした。
しかし、状況が大きく変わることはなかった。

 

突破!!

きっかけは一冊の本。人から勧められたその本は、
自分の才能を正しく理解することを教えてくれた。
人には必ず才能があり、自分の才能に気づいた人は力を発揮する。

しかし、どんなに努力しても、
自分の才能にアクセスできなければ
十分な力は発揮できない。

それまでは自分ではない誰かになろうとして苦労していた。
「自分を知ること」の重要性に気づき、それはやめて、
とにかく自分の内面を見つめなおす時間をとった。

また色んな方々の助けも借りながら、
自分の才能の源泉(コア・コンセプト)に辿りついた。

それが「無駄な縛りのない世界」。

とにかく自分が力を発揮できるのは
無駄な制約のない世界。

これを意識して日々の行動を改めると
驚くほど現実が変化していった。
色々なビジネスパートナーに出会い、
仕事を一人でやってはいけない意味を
教えてもらった。

セールスも本質を教えてくれる師匠に出会い、
劇的に変化した。

今では周りの仲間に
その手法を伝える勉強会を主催している。

とにかく肩の力が抜けて、
自然体で楽しく仕事を進めるようになり、
自然と成果が上がるようになった。

 

今やっていること

経済的な制約を取り払うことを目指している。
「貨幣は現代の奴隷制度だ」
とロシアの文豪トルストイは言った。

日本では金融教育がないため、
多くの方が知らないうちに奴隷として
過ごしてしまっている。

しかし、正しい知識を持っていれば
この奴隷制度から抜け出せる。

人生で最も大切な資産は時間。
早くお金の奴隷制度から脱出し、
楽しく後悔のない人生を
自分も周りの人たちもできるような世界を
実現したいと思っている。

 

その他

生年月日:1985年2月27日
生まれ:ブラジル サンパウロ州 (3歳まで)
育ち:愛知県名古屋市、静岡県浜北市(現浜松市)、掛川市
出身校:伎倍小学校、掛川西中学校、掛川西高等学校、大阪大学、大阪大学大学院
職歴:大手ハウスメーカー(7年間)、大手生命保険会社(2年間)
住まい:港区六本木のマンション
家族:妻と娘の3人家族
趣味:資産形成、サッカー、読書、健康、情報収集
好きなもの:自由、綺麗な人、新しいチャレンジ
嫌いなもの:無駄なルール、堅苦しい儀式、眠気

公開日:
最終更新日:2018/01/23