*

あえて満員電車に乗る

   

満員電車という空間

あなたは満員電車に乗ったことがあるだろうか?
東京に住んでいる人は経験があると思うが、
かなり異様な空間だと俺は思う。

田舎で育ち、大阪の大学を出て、
就職で東京に来た時、衝撃的だった。

もう無理だろうという満員状態の中に
背中とお尻を押し付けて、なんとか乗る。

自分はそういうの嫌だからと
一本遅らせて次の電車を待ったら
次も同じ状況。

諦めて、背中とお尻を押し付けた。

当時の会社の人と
「朝の通勤でエネルギーの半分くらい使うよな」
と話をしていた。

確かに自分もそんな気がしていた。
満員電車に乗るとめちゃめちゃ疲れる、と。
でも、それがサラリーマンだと諦めていた。

 

あえて満員電車に乗る

最近はかなり自由に動けるので、
満員電車に乗る機会はかなり減った。

それでも週に2、3日はラッシュ時間に
電車に乗らないといけない用事が入ってしまう。

少し早めに家を出て、
ラッシュを避けることもできるんだけど、
今はあえてラッシュ時に出かけ、
満員電車に乗っている。

その理由は家族との時間。

一時期、ラッシュを避けるために早く家を出て、
空いている電車で作業をしながら、
朝の有意義な「仕事時間」を作っていた。

朝は脳みそがクリアだから、
かなり作業とかが進むんだけど、
その代償で家族との時間がなくなった。

早いと妻も子供も寝ている時に家を出る。
夜もたいてい用事があるから、帰ったら子供は寝ている。
次の朝も早く出ると、また子供に会えない。

これでは何のために働いているのか、
わからなくなる。

夜必ず早く帰るなら、
朝は早く出るのもアリだけど、
朝も夜もとなるとおかしいと感じた。

だから、朝は家族とご飯を食べる。
そしてラッシュ時に満員電車に乗る。

あえて満員電車に乗る。
これは自分が決めた選択だ。

 

満員電車を楽しむ

自分であえて満員電車に乗ると決めると
案外楽しめる。

もちろん快適な環境ではないけど、
あえてそこに自分で乗っている。

だから、イライラすることはない。
不思議と疲れる感覚もない。

だいたい本を読むか、
ポッドキャストを聞いて、
時間を無駄にすることはないんだけど、

ふと周りを見た時に
不機嫌そうなオジさんとか、
疲れ切って寝てるお姉さんとか見て
しんどそうだなーって思う。

とにかくみんな不機嫌な顔してる。
異様な光景だな、と思って俺は見ている。
不謹慎かもしれないが、
ちょっと笑える光景だと思える時もある。

だって、なんでそんな険しい顔してんの??
って思うとちょっと笑える。

もっと楽しく生きようよ、って思う。
何が険しい顔をさせるんだろうか。

 

自分で選択しているという事実

満員電車は嫌いという人は多いと思う。
でも、みんな自分で選んで満員電車に乗ってるんだよね。

乗りたくなければ始発で会社に行けばいい。
会社の徒歩圏に住めばいい。
会社を辞めて、自営業すればいい。

その会社に勤めたくて、
高い家賃払いたくなくて、
自営業のリスクは負いたくなくて、
ギリギリまで寝たいから、
結果的に満員電車に乗ることになる。

それは自分の選択だよね。
自分で選択しておいて、愚痴言って
サラリーマンだから仕方ないとか思っている人、
目を覚ましたほうがいい。

満員電車に乗る選択をしているのは自分。
夜遅くまで残業する選択をしているのは自分。
その会社で働くと選択しているのは自分。

つまり自分の願った通りの現実があるだけ。
嫌なら変えたらいい。すぐにできる。

家族がいるから、とか、
その辺も全部自分で選んでるから、
人のせいにするのはもう止めよう。

自分のやりたい人生に
家族が邪魔なら捨てればいいじゃん。

家族を幸せにしたいと選んだのは自分。
全ては自分の選択。

だって、人は自分の思った通りにしか動かない。

だから外部に不平不満を言うのは
筋違いでしかない。

 

自分の選択=人生

俺も昔は嫌々満員電車に乗って、
自分にはどうしようもできないと思っていた。

でも本当はどうにでもできる。
だから、あなたも一度考えてみてほしい。

何のために満員電車に乗っているのか?

きっと大切な家族を幸せにするため、
子供との会話の時間をつくるため、
自己実現するために
満員電車に乗っているはずだ。

そう考えたら、
そんなに険しい顔しなくて良くないか?

もっとニコニコして満員電車に乗ったら
いいんじゃないか?

そんなに満員電車がしんどいなら
仕事辞めちゃえばいいじゃん。

って、俺は思う。

人生は有限

何度も言ってるけど
人生は有限だよね。

だから、眉間にしわ寄せてる暇はないよ。
不機嫌に過ごしている暇もない。

自分の大切にしていることを
大切にするために過ごすしかない。

だから満員電車も楽しんで乗ろう。
楽しくないなら、何かがおかしい。

10年、20年先を
心配しているかもしれないけど、
明日死ぬかもしれない。

楽しいと感じる時間を
最大化することが人生で目指す
唯一の目標のような気がする。

他人の目を気にすることもない。
自分がどう感じるかだけ。

きっと満員電車で
こんなことを考えているのは
自分だけかもしれない。

でも、それは俺の自由だよね。
窮屈だと思って不機嫌になるのも自由。
周り見て、笑ってるのも自由。
満員を回避して時間をずらすのも自由。

俺たちはめちゃめちゃ自由な時代を生きている。
幸せにしかなれない時代を生きている。

もし縛りを感じているのなら、
それを課しているのは自分自身だ。
そこに気づいた時、世界は変わるよ。

 - 人生

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。