*

自由とは「嫌われる勇気」

   

最近、「嫌われる勇気」を再読して
改めて良い本だと感動した。
この本の内容を理解して実践できたら
思い通りの人生だと俺は思う。

 

原因論ではなく、目的論。

原因論とは過去に起こった出来事が原因となり、
現在の状態を作っているという考え。

一方、目的論とは過去に起こった出来事とは関係なく、
現在の状況はあなたの目的に合わせて選択されている。
という考え。

多くの人が原因論で生きている気がする。
例えば、たいした学校も出ていないから、
自分はこのくらいの仕事にしか就けない。
というのが、原因論の言い分。

一方でその状況を目的論では、
今仕事は出身校は関係ないと考える。

新しいチャレンジをして失敗するのが怖い。
その恐怖を感じないという目的のために
その仕事を続けている、と考える。

なんとなくわかるだろうか?
よくわからないという人は本を読んでくれ。

原因論と目的論、
あなたはどちらで生きているだろうか??

俺は昔、原因論で生きていた。
でも、今は目的論で生きている。

結局、過去は「今の自分」が解釈している。
だから、過去の出来事を現在の原因として考えても
何も意味がないと気づいた。

例えばA君は受験に失敗して志望校に行けなかった。
その結果、就職もできず、ニートになって、
今はどうしようもない状態だとする。

受験に失敗してしまったがために
俺の人生はめちゃくちゃになってしまった。
受験さえうまくいけば、こんなはずじゃなかった。
と、A君は考えているかもしれない。

一方で、B君も同じように受験に失敗した。
しかし、B君はもう条件の良い就職は難しいと考え、
起業を見据えて大学時代に準備をして大成功を納めた。

受験の失敗があったからこそ、今の自分がある。
あの時は辛かったけど、良いキッカケだったな。
と、B君は考えているかもしれない。

どちらも原因論で考えているのだが、
「受験失敗」という同じ出来事を体験していて、
現在の状況が違うから、その解釈が異なる。

もしかしたらA君はニート生活から奮起して
ものすごいYouTuberになるかもしれない。笑
そしたらその時は受験失敗して良かったとなる。

一方、B君は最初順調だった事業が傾いて、
大きな借金を背負って大変になるかもしれない。
その時は、やっぱりしっかり受験して、
ちゃんとした企業に就職していれば良かったとなる。

結局、原因論で考える「過去」は
今の結果に合わせてピックアップした
都合の良い解釈でしかない。

だから原因論で現状を考えても
なんの意味も持たないと俺は考える。

 

大事なのはこれからどうするか??

結局、大事なのはこれからの未来。

過去の出来事があって、
今辛い状況に陥っているように
思えることもあるかもしれない。

その出来事を嘆いても恨んでも
未来は変わらない。

その現状からどんな未来にいきたいのか。
考えるべきはそこじゃないだろうか。
それこそが目的論だと俺は思う。

あなたはどっちで生きるの?

自由に選択したらいいと思う。

きっと原因論で生きていると
安全圏内に長く居られるのだと思う。
過去の延長線上に現在がある。

またその延長線上の未来を
過去の原因から作っていく。
これは安全でストレスが少ないかもしれない。

俺はその生き方は嫌だ。
なんかつまらなそうだから。
事実、原因論で生きていた時は
つまらなかったし、うまくいかなかった。

これから俺はどう生きていきたいのか。
だけ考えれば良くないか??
その方が楽しいし、上手くいく。
失敗さえもちょっと楽しいと思える。

だから俺は目的論で生きて行く。

 

人生とは連続する刹那「いま、ここ」の連続

人生とは過去があって今があって、
その先に未来があるように思える。

でもそれは間違いで、
過去は今の自分が解釈したもの、
未来は今の自分が想像したもの、だ。

本当は過去も未来もない。
人生は「いま、ここ」の連続でしかない。

なんかの脳科学の本でも、
人間はその瞬間瞬間に生まれ変わっている
と書いてあった記憶がある。
それも同じことを言っていると思う。

つい人は過去を嘆いたり、
未来に不安を覚えたりしてしまうが、
そんなことをしている暇があったら
「いま、ここ」を楽しんだらいい。

生きる目的は生き続けること。
過去に何があっても、未来が不安でも
今そこで生きてるなら、もう大成功だ。

人生の目的は楽しい時間を最大にすること。
だから、どうしたらこれから楽しくなるか、
だけを考えたらいい。

原因論で生きている人からすると
なんとお気楽な考え方だ
とバカにしたくなるかもしれない。

事実は自分は昔そんな感じだった。
多くの成功者が似たようなことを言っていたけど、
当時の自分は理解できず、受け取れなかった。

今はビジネスや家庭での経験から
なんとなく目的に生きる感覚を掴み始めた。

最初は怖いし、ちょっと痛い目にあうかもしれないけど、
その先には子供の頃のような開放感が待っている。

繰り返すが人生は「いま、ここ」しかない。
それをどう過ごすかは、あなたが選択できる。
一度きりの人生、悔いのないように生きて欲しい。

2018年も良い年にしよう!!

 - 人生