*

がんばらない成長論

   

がんばってますか?

あなたはがんばってますか?

もしがんばっているのなら、

なぜ、がんばってるんだろう?

 

俺は「優秀な俺」でいるために

かなりがんばっていた。

 

がんばって、勉強。

がんばって、早朝出勤、残業。

がんばって、資格取得。

がんばって、良い夫、良い父親。

 

起きている時は

いつもがんばっていた。

 

がんばって成長して、

結果が出て、幸せになる。

そう思ってがんばっていた。

 

でも、それは間違っている。

と、気付かせてくれた本がある。

 

心屋仁之助さんの

「がんばらない成長論」

この本には本当に助けられた。

 

詳しい内容は

是非読んで確かめて欲しい。

 

ギリギリセーフ

この本に出合った時は

自分はかなり追い込まれていた。

というか、勝手に自分で追い込んでた。

 

新しい仕事に挑戦していたが、

なかなか結果が出なくて焦っていた。

周りは結果を出しているが、

自分は出していない。

 

「優秀な俺」がこのままではいけない。

がんばって早く結果を出さなくては。

 

そう思って焦って色々やってみるのだが

焦っているから結果が出る前に

あれこれ手を出して結局結果に繋がらない。

 

今思うと、

何やってんだよ。落ち着け、俺!!

って感じなんだけど、

当時は深刻になんとかせねば、と思っていた。

 

もし、今あなたがそんな状況だったら

一度、落ち着いて考えてほしい。

なんのためにがんばっているの??

 

家族の幸せの為?

会社に貢献する為?

自分の明るい未来の為?

 

そんなようなものを手に入れるために

俺はがんばっていると思っていたが、

本心は違っていた。

 

俺は怖いからがんばっていた。

 

がんばって勉強して、

がんばって就職して、

がんばって会社で評価され、

がんばって家庭を円満にして、

(当時あんまり円満じゃなかったけど、笑)

 

全部がんばって手に入れたものだから

がんばりをやめた途端、

全てを失うんだと思っていた。

 

がんばって得た評価を失うのが怖かった。

 

がんばらなかったら価値のない自分という事が

みんなにバレそうで怖かった。

 

がんばらなかったら周りに迷惑をかけて

みんなに嫌われそうで怖かった。

 

がんばらなかったら結果が出なくて

親にがっかりされそうで怖かった。

 

だから、俺はがんばっていた。

あなたはどうかな?

 

 

人の価値

人の価値ってなんだろう?

 

俺はがんばらない自分は

価値のない存在だと思っていた。

 

がんばらないと結果が出ないから

結果を出せない人は価値がないと思っていた。

 

当時は会社での成果とか

貰える給料とか

そんなのが人の価値だと思ってた。

 

なんで、そんな風に思っちゃったんだろうか。

 

思い当たるのは子供のころのテスト。

点が良いと価値ある人間。

点が悪いと価値のない人間。

 

今書いていて、恐ろしいけど、

本当に良い点を取れる人は

良い点を取れない人より上だと思っていた。

 

だから周りを見下していた。

嫌な奴だね、俺。笑

今はそんなこと思ってない。

 

人の価値ってなんだろう?

 

自分は成果こそ価値と思っていたが、

もしもそれが本当なら

子供は価値のない存在になる。

 

子供は稼げないし、周りに迷惑かけるし、

何も「成果」はあげない。

 

でも、言うまでもないが

子供にはめちゃめちゃ価値がある。

娘は命に代えても守りたい。

 

そう考えると、

「成果=価値」というのはおかしい。

だから俺はこの考えを捨てた。

がんばるのもやめた。

 

人の価値とはなんだろう??

 

 

存在=価値

簡単に言うと

人そのものの存在が価値

だと俺は信じている。

 

ひとつの事実に対して、解釈は無限。

感じ方も人それぞれ違う。

 

違うからこそ世の中は面白いし

新しいものが生まれる。

ひとりひとりはその可能性を秘めた

貴重な価値ある存在なんだと思う。

 

別に頭が悪くても、運動が出来なくても

稼ぎが少なくても、見た目が良くなくても、

人見知りでも、うまくしゃべれなくても、

それはその人の価値だと思う。

 

人に迷惑をかけることすら価値だと思う。

そう思えたら価値のない人なんていない。

 

そんな風に思えるようになったのは

やっぱり新しいチャレンジをして

めちゃめちゃ苦しんだから。

 

結果が出ない自分は

本当に価値のない存在に思えて、

情けなくて、消えてしまいたかった。

 

しかし、

出来ない時期があって、

そこを乗り越えられたら、

その時の苦労は宝物となる。

 

出来ない人の気持ちがわかるし、

どのように出来るようにすればいいのかわかる。

 

かつての俺は

「出来ない自分」が出ないフィールドでしか

勝負をしてこなかった。

 

それは何も勝負してなかった

ということかもしれない。

 

その結果、

人の気持ちがわからなかったし、

出来ない人を否定する人間になっていた。

その分、自分自身も否定してきた。

 

結構、辛い生き方だと思う。

もし今そうなってしまっている人は

「がんばらない成長論」を

是非読んでみてほしい。

 

きっと俺と同じように

救われると思う。

 

 

幸せな人生とは?

人生に成功と失敗があるとしたら、

それはどんな風に決まるのだろうか?

 

俺は死ぬときに決まると思う。

逆を言うと死ぬ直前までは

その人生が成功か失敗かわからない。

 

例えば、若い時に事業に成功し、

派手に楽しく過ごせたとしても

晩年、体を怖し、家族に捨てられ

寂しく死んでいく人がいたとしたら、

 

その人生は

成功だろうか?

失敗だろうか?

 

逆に若い時、貧乏で苦労して、辛かったけど

そこから仕事を真面目にやって、

家族や友人に支えられ楽しく晩年を過ごせたら、

 

その人生は

成功だろうか?

失敗だろうか?

 

人それぞれ価値観があるから、

別に正解はない。

もしかしたら人生に

成功も失敗もないのかもしれない。

 

俺が何を言いたいかというと

今どんなに辛い状況でも

諦めなければ人生は変わる。

 

だから、今の苦労は宝物。

これから起こるサクセスストーリーの前ふり。

そう思えたら、楽しくないか?

 

チャレンジしている自分を

少し誇らしく思えないか?

 

そう思って過ごしているだけで、

人生は成功だと俺は思う。

そう思える人生って幸せだと思う。

 

今もし死んじゃったとした時、

俺の人生は成功かどうかを

俺は常に気にしている。

 

もちろん大成功だと思っている!!

もし、そう思えないのであれば、

何かを変える必要があるかもしれない。

 

昔はそんなこと考えられなかった。

頑張った先に成功と幸せがあると思ってた。

 

どちらを信じてもいいし、

正解はないけど、

俺は今の方が楽しい。

 

あなたの人生だから、

自由に好きなことやったらいいと思う。

自分を解き放て!!

 - ビジネス, 人生, 書籍