*

お金の価値について

      2017/12/18

お金ってなんだろう??

あなたは「お金」について

真剣に考えたことがあるだろうか?

 

俺は最近ようやく考え始めた。

恥ずかしながらお金のことを

あえて考えないように生きてきた。

 

というのも、

 

子供の頃に親から

「むやみにお金儲けをするのではなく

持っているお金で幸せになりなさい」

と教わった。

 

今思えば本質をつかんだ

良い教えだと思うけど

 

子供の自分は

『お金儲け=悪いこと』

『お金を考えること=悪いこと』

と思ってしまった。

 

そのまま30歳まで突き進んだ。笑

 

だから、新卒で入社する時、

会社の初任給は知らなかった。

 

給料に対して

多いとも少ないとも考えなかった。

周りで給料が少ないと嘆く先輩を見て

はしたないと思っていた。

 

自分はお金に振り回されないし、

お金を持っている量に関係なく

幸せになれると思っていた。

 

それは今でも思ってるんだけど、

それとお金のことを考えないということは

全く違う。

 

別世界の住人

ちょっとしたきっかけから

別世界の住人と仲良くなった。

 

別世界の住人とは

いわゆる超お金持ち。

会社を経営していて

年収は億を超えている。

 

サラリーマン家庭に育ち、

サラリーマンをやっていた自分からは

想像もしなかった生活をしている。

 

趣味のように不動産を買う。現金で。

娘と同じマンションに住みたいから、

マンションをもう一室を買う。

 

飽きたから、またマンションを買う。笑

空いている所有マンションは

他人に使って欲しくないから

賃貸なんかには出さない。

 

料理は口に合うものしか食べない。

まずいものは残す。

お腹いっぱい食べない。

 

ハワイに行って日本食を愛でる。

 

人へのプレゼント攻撃がすごい。

一度知り合ったら、離さない。

 

毎月必ず家族で旅行に行く。

 

気分、体調が悪いと会社は休み。

(二日酔いでも休み)

 

旅行で行く予定だった沖縄に

台風が来る予報を見たら

前日なのに行き先をグアムへ変更。

 

価値を感じないものには

1円たりとも払わない。

 

こんな感じだ。

 

近くで見ていてとても勉強になる。

価値を感じるものには

お金を支払うことは惜しまない。

 

しかし、価値がないものには

本当に1円たりとも払わない。

 

お金に価値はない。

お金はあくまでもお金であって

それ自体には価値はない。

 

お金を何か価値あるものに

「交換できる」ということが価値なのだ。

 

しかし、多くの人は

この「お金」を集めること

に執着してしまっている。

 

自分も考えないと言いつつ、

お金集めに執着していた。

 

お金儲けを考えてはいけないので、(笑)

入ってきたお金をできるだけ出さないように

節約ばかり考えていた。

 

お金を使うのが怖かったし、

無駄遣いは厳禁。

贅沢をしても罪悪感を感じた。

 

独身時代は自分でセーブできたけど

結婚したらコントロール不能に陥った。笑

 

自慢じゃないが妻は

結構ハデにお金を使う。

自分はそれが怖かったし、

とてもストレスを感じた。

 

俺の誕生日を祝うために

高級レストランで食事した時も

嫌すぎて不機嫌になってしまった。

 

たぶん妻は理解できなくて

困ったと思う。ごめん。

 

当時は手元にある「お金」を守ることに必死で

お金を価値に変換する何てことは

全く考えられなかった。

 

しかし、

別世界の住人と触れ合うことで

徐々に自分の考えに違和感を覚えた。

 

なんか、お金のこと考えたほうが

楽しそうじゃないか??

と。

 

お金を持っていると

選択肢が増える。

 

自分のために使って豪遊してもいいし、

人のために使ってもいいし、

持ってないより、持ってたほうがいい。

 

そしたら、お金のこと考えないように

というのは自分の間違った思い込みだな。

 

そんな風に考えて

徐々にお金アレルギーを克服した。

 

 

「お金は現代の奴隷制度」byトルストイ

お金は現代の奴隷制度だそうだ。

さすが文豪、うまいことを言う。

 

資本主義社会では

お金を媒介として

物やサービスが提供される。

 

まさに自分は奴隷だった。

毎月与えられる給料の中から

それなりの生活をすることが

自分の人生だと思っていた。

 

お金のことを真剣に考えないということは

自分の人生を考えないということに近い。

 

「お金が全てだ」と誤解されそうだけど

そう言うつもりはない。

あくまでもお金は交換の手段。

 

しかし、その手段がここまで浸透した世の中で

その手段について学ばないというのは

やはり自由を放棄していることに近い。

 

昔の自分はそうだった。

あまり後悔はしないようにしているが、

このことは結構後悔している。

 

自分は運良く30歳で気づいて

「金持ち父さん」に出会い、

投資を始めて、仕事も変えた。

 

これまで30年間、

押さえつけてきた欲望を

むき出しにしようと思う。

 

結局、「貯め込もう」という考えは

給料以外に稼ぐ方法がないことへの不安とか、

将来の自分への自信のなさの表れだと思う。

 

今は未来の自分を大いに信じて、

価値ある物にお金をパーっと使っている。

 

ちなみに自分が価値を感じてお金を払うのは

自分の成長、時間の短縮、健康、楽しみ、

人とのつながり、仲間の応援

といったところが多い。

 

お金の使い方については

また改めて話したいと思っている。

 

あなたの本当の資産とは何か?

あなたの本当の資産とは何だろう??

家?車?時計?経験?能力?人脈?

どれも本当の資産ではない。

 

俺が考える本当の資産とは「時間」だ。

誰もが寿命というタイムリミットの中で

人生を送っている。

 

知り合った別世界の住人も

年齢という意味では自分を羨んでいる。

寿命から考えたら

おそらく自分のほうが長く生きられる。

 

いくらお金を持っていても

寿命は変えられない。

 

だからタイムリミットが来るまでに

いかに充実して楽しい人生を送るのか。

人生で考えるべきは

これだけでいいんじゃないか!?

 

だけど、

ついつい周りの目を気にしたり、

収入額を気にしたり、

他人と比較したり、

無駄な時間を過ごしてないか?

 

もったいない!!

 

今のあなたはこれからの人生で最も若い。

何かを始めるのに遅すぎることはない。

 

自分を解放しよう!

あなたの人生だ。

 

 - お金, 人生