*

貧乏にはお金のために働く。金持ちは、、、?

      2017/12/18

あなたはなぜ働いているの?

あなたはなぜ働いているのか?

そう問われたらなんと答えるだろうか?

 

いやいや、働かないと暮らしていけないじゃん。

って感じかな?

 

そりゃそうだ。じゃあ今の生活は満足かな。

もしも自分なんてこんなものだと考えているのであれば

それは大きな間違いだ。

 

人には物凄い可能性がある。

それを知らないだけで諦めるのは

もったいない。

 

こう言う自分も昔は諦めていた。

大手企業に勤めて安定した収入で

安定した退屈な生活をしていた。

 

仕事では自分の意見をいうこともなく、

とにかく上司に言われたことを実行するだけ。

間違っていても指摘なんかしない。

 

とにかく歯車の一部として

耐える生活をしていた。

 

人生の可能性に気づいた時

自分は運良く人との出会いで

人生の可能性に気がついた。

 

優雅で自由に暮らす経営者や

好きな人と好きなことでビジネスをする起業家。

 

めちゃめちゃ輝いて見えて

当時の自分とは全く違うことに驚いた。

 

一度きりの人生なんだから

せっかくなら我慢で耐える一生より

楽しく挑戦していく一生の方が

自分はやりたいと思った。

 

そのあたりから

少しずつ現実が変化し始めた。

だから、もしあなたが諦めモードなら、

もう一度考え直してみてほしい。

 

今、現状を変えるのは怖いかもしれないけど

死ぬ直前に後悔することの方が

よっぽども怖くないか??

 

現実を変えるために

後悔のない人生を送りたい。

そう思った俺がやったこと。

それは、読書。

 

日々の変わらない生活をしていて

何かが変わるわけではない。

 

だから何か新しいことを始めなければ。

でも何をしていいかわからない。

そんな状況で自然と書店に

足を運ぶことが多くなった。

 

そこで出会ったのが

「金持ち父さん、貧乏父さん」

 

なぜこの本を手に取ったのかは記憶にない。

しかし、この一冊から受けた衝撃は忘れない。

 

「貧乏人は金のために働く。

金持ちは金を働かせる。」

 

サラリーマン家庭で育ち、

当たり前のようにサラリーマンをしていた自分は

それ以外の考え方を知らなかった。

 

金持ちはより金持ちになり、

貧乏人はいつまでも貧乏人である仕組みが

よく理解できた。

 

別にお金を持っている量は関係ない。

自分が働きを止めた時に

どれだけ生活を維持できるかどうか。

 

それがお金持ちと貧乏人の違いだ。

会社員でいる限り、働きを止めたら、

生活は維持できない。

 

多少の蓄えがあっても

すぐに尽きてしまう。

 

このまま働き続けても

この「ラットレース」からは抜け出せない。

 

働き続けなければならないから、

会社に背くようなことも許されない。

失敗も許されない。

 

だから自分を殺して耐える。

そうして定年を迎え、

なんとか老後を過ごす。

 

当時の延長線上の未来がよく理解できた。

このまま他人に自分の人生を委ねるのは嫌だ。

そこから人生が変わり始めた。

 

お金と向き合うこと

恥ずかしながら自分はそれまで

お金のことを真剣に考えることはなかった。

 

親から教わったことと言えば、

むやみに金儲けを考えるのではなく、

自分の持っているお金で幸せを掴みなさい。

 

そこで自分はお金のことを考えるのは

悪いことだと決めつけてしまった。

 

就職先を選ぶ時も

初任給を見ることはしなかったし、

給料をもらっても多いとも少ないとも思わなかった。

 

周りの同僚が給料が少ないという話をしていると

はしたないと思っていた。

 

でもその考えは間違っていたと思う。

お金のことを考えないということは

人生のことを考えないと同義だ。

 

とは言っても

お金に価値があるのではなくて、

お金から得られる効用に価値がある。

このところを勘違いしないでほしい。

 

結局、資本主義の社会では、

お金を持っていると選択肢が増える。

選択肢を増やすために

お金をもつということは有効だ。

 

だから自分はお金を持つために動き始めた。

 

貧乏人は脱出できる

金持ちは金持ちになり、

貧乏人はずっと貧乏人。

そんな仕組みが社会にはできている。

恐ろしいほど巧妙に。

 

では貧乏人は一生貧乏人か

というと、そうでもない。

 

社会のルールを理解して、

正しい手段を使えば

貧乏人から脱出は可能だ。

 

貧乏人脱出に必要なものは?

必要なのは正しい知識と

少しの勇気。だけ。

 

知識は言うまでもない。

日本では金融教育がないから、

金融リテラシーが低い。

 

だから一部の金融に詳しい人達に

搾取されているが本人たちは気づいていない。

味方だと思って信用している人が、

案外敵だったりする。

 

正しい知識がないと

その見分けもつかないから

話にならない。

 

次に必要なのが勇気。

なぜ勇気が必要かというと

周りと違うことをすることになるから。

 

これは結構手強い。

自分も第一歩を踏み出す時は

物凄く怖かった。

 

それは投資不動産を購入する時だった。

元々不動産業界で働いていたので、

見る目には自信があった。

 

あらゆるシミュレーションをして、

リスクの大きさも理解していた。

 

しかし、いざ借金をして、

物件を購入するとなった時、

怖くてやめたくなった。

 

リスクばかりが気になって

大損するイメージが頭の中を駆け巡った。

 

もしかしたらとんでもない失敗を

するんじゃないか、と。

 

別に誰に強要される訳でもないので

もちろんやめることもできたのだが、

現状を変えたい気持ちが勝って、

なんとか一歩踏み出すことができた。

 

小さな一歩は大きかった。

この小さな一歩は大きな変化をもたらした。

初めて資産を持つということを体験した。

 

自分以外のものがお金を稼いでくれる。

不思議な感覚だった。

 

とにかく努力して自分を高めて

たくさん給料をもらうことが

幸せの絶対条件だと思っていたが

そんなことはなかった。

 

その考えは「人を使う側」にとって

物凄く都合の良い考えだったとわかった。

 

別に従業員が悪い訳ではない。

どう生きたいかの話で

自分の生き方としてそれは嫌。

 

もし、自分と同じように

一歩踏み出したい人は応援したい!

 

一緒に楽しい人生、切り開こう!

 - お金